50代女性のダイエット方法で効果的な食事

50代女性のダイエット方法で効果的な食事
世の中には、様々なダイエット方法の情報が溢れていて、選ぶのも迷ってしまいます。

ダイエットの本来の意味は、健康、美容、肥満防止や解消のために食事制限をすることです。

また、痩せすぎの人が適正体重のなる(太る)ことも、ダイエットといいます。

ですが、 今では「痩せること」にフォーカスされ、本来の意味から外れています。

本来の意味通りになるよう、生活習慣を見直し、食事を気遣い、適正な体型を目指しましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

50代女性のダイエット方法は食習慣の見直しから

ダイエット方法で、真っ先に気になるのが、食習慣です。

最近では、欧米化の食事が多くなり、食卓にも高脂肪・高カロリーのメニューが並びがちです。

50代でこの食事を続けていると、代謝の衰えのため、体に脂肪を溜め込み、太ってしまいます。

なので、「太ったから痩せよう」ではなく、「太らないようにしよう」と意識して食事することが大切です。

特に女性は、美容意識が高いため、食事については関心は強いと思います。

近年は、社会進出している女性が多いため、「中食」の利用が多く見受けられます。

「中食」とは、総菜や弁当など調理済みの食品を自宅で食べることをといいますが、 便利なので多く利用されています。

それを利用する際にも、出来るだけ低脂肪・低カロリーを意識して選びましょう。

「まごわやさしい」を意識した食事

50代の女性は、孫に恵まれる年代でもありますが、ここでは人間の「孫」ではありません。

ここでの「まごわやさしい」とは、健康のために積極的に摂りたい「食材」のことです。

ま(豆)・ご(ごま)・わ(わかめなどの海藻類)・や(野菜)・さ(魚)・し(椎茸などのキノコ類)・い(芋)の七品をことを指します。

この食材を意識的に料理メニューに取り入れる事で、健康的な食生活が保てることになります。

このような食材が豊富な日本人は、欧米人よりダイエットしやすい環境であるといえます。

まとめ

高脂肪・高カロリーな食事は、満足感があり、美味しいものです。

ですが、その味を知っているため、ダイエット中は、ガマンする事になります。

食べる事は、生きる事であると同時に、人生の楽しみの一つでもあります。

なので、普段は食事制限をしても、特別な日はガマンしている物も食べてみたらいいのです。

普段から意識的な食生活をしていたら、たとえ特別な日であっても、極端な食べ方はできないものです。

若い頃は、「質より量」でしたが、50代になってくると、その真逆の「量より質」になってきます。

ダイエット方法に拘るより、良質な食べ物と量に拘って、ますます健康的な人生を送りたいものです。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする