20分のウォーキングでダイエットを成功させるための3つのコツ

20分のウォーキングでダイエットを成功させるための3つのコツ
ウォーキングは、手軽に始められる運動なので、年齢に関係なく親しまれています。

また、ダイエットとしてだけでなく、健康面の良さでも注目されています。

ウォーキングを上手く生活に取り入れて、ダイエットと健康も手に入れましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

20分のウォーキングで期待できること

運動は、有酸素運動と無酸素運動の2つに大きく分けることができ、ウォーキングは、有酸素運動に分類されます。

有酸素運動とは、体内に酸素を取り込み、脂肪を燃焼させてエネルギーを生産する運動のことです。

20分の有酸素運動で、脂肪が燃焼し始めるといわれている為、20分のウォーキングで、ダイエットの可能性が高まります。

健康面では、心肺機能や骨の強化、脳の活性化、基礎代謝量の向上などの効果もあります。

さらに強力なダイエットを望むならば、ウォーキングのする前に、筋トレなどの無酸素運動をすると効果的です。

運動の順番は大事なポイントで、1.筋トレ(無酸素運動)2.ウォーキング(有酸素運動)です。

順番を逆に運動すると、効果は望めないようです。

20分ウォーキングを可能にする3つのポイント

・ 短時間なため、時間が確保しやすい

・ 姿勢よく 手を大きく振る スピードアップ(肉体面)

・ 理想の自分をイメージする(心理面)

長時間のウォーキングは、なかなか時間が取れないため、挫折しやすいものです。

ですが、20分ウォーキングは、時間的に短いので、集中して取り組みやすいでしょう。

肉体面でのウォーキングは、姿勢を正し、両手を大きく振って、歩幅を広くとり、早めの速度で歩きましょう。

そして心理面では、ダイエットに成功した理想の自分をイメージしながらウォーキングしましょう。

肉体面も大事ですが、心理面はダイエットをする上でさらに大事と思われます。

まとめ

ダイエットで運動するというのは、ツライ・キツイがつきもので、挫折してしまいがちです。

ですが、ウォーキングは、「歩く」という日常動作を運動的にしたものであって、その気になれば誰でも取り組みやすいものです。

なので、20分の時間が取れなくても、余裕のある時は、ウォーキングを積極的に楽しみましょう。

仕事や家事で溜まったストレスの解消にもなりますし、歩くことで意外なアイデアが浮かんだりします。

ただ、ウォーキングは、天気によって中止せざるを得なくなります。

それがきっかけで、ウォーキングか遠ざかることになっては残念です。

「継続は力なり」というコトワザ通り、ウォーキングをコツコツ続けて、思い描いた理想の自分になりたいですね。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする