50代ダイエットのスローな筋トレメニュー

50代ダイエットのスローな筋トレメニュー
「スリムで引き締まった体型」は、誰しも憧れるものです。

食事制限のダイエットをしてスリムになったとしても、運動なしでは引き締まったボディには遠いでしょう。

そうなると、毎日のキツイ運動は欠かせないだろうなと諦めてしまいます。

諦める前に、出来るだけ簡単で、50代でも続けやすいスローな筋トレメニューを実践してみましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

50代でもできる!スロトレ3つの特徴

スロートレーニングを略して「スロトレ」といいますが、その名の通り、ゆっくりと行う筋トレのことをいいます。

運動経験のない、又は苦手な人には、ダイエット運動として気軽に取り組んでみられることをお薦めします。

文字通り、ゆっくりな動きの中で、使う筋肉を意識する事により、効果が発揮されます。

スロトレの大きな特徴は、3つ挙げられます。

1. 軽い負荷でありながら、まるで重い負荷で筋トレをしたかのように「筋肉を錯覚」させる

2. 「成長ホルモン」の分泌を促す事になり、 体の修復や疲労回復、 若返りにも効果がある

3. トレーニングメニューは、1日10分、「週に2日」 でOK

スロトレはダイエットをしたい50代にもおすすめ

「筋肉を錯覚」させるポイントは、例えば、スクワットは通常、膝を曲げてから、立ち上がった後にピンと直立します。

ですが、スロトレの場合は、膝を曲げてから、立ち上がりきらない、つまり少し曲げた状態をキープします。

この少し曲げている状態が、重い負荷がかかっていると筋肉が錯覚し、それと同様の効果が得られるというのです。

そして、 「成長ホルモン」の分泌によって、体脂肪も分解されるため、ダイエット効果が上がります。

また、トレーニングメニューは、1日10分程度で週2回でも大丈夫です。

なぜかというと、毎日同じ筋肉を使うと筋肉が成長できない為、休息させてあげることが大切なのです。

週に2日程度なら、50代でもチャレンジしやすいですし、スローな筋トレで体を引き締めてみたいと思いませんか。

まとめ

筋トレというと、ツライ・キツイというイメージが湧き、また、健康面では血圧のことも気になります。

ですが、スロトレに関してはその心配はなく、むしろ継続することで、様々な効果が期待できます。

基礎代謝がアップし、骨も丈夫になり、成長ホルモンの分泌により若々しくなるなどです。

スロトレ(無酸素運動)だけでも効果はありますが、その後ウォーキングなど(有酸素運動)のすることで、さらに効果は上がります。

運動の順番は大切で、間違えると、効果は期待できないようです。

このようなスローな筋トレをする事で、食事メニューの改善や日常動作を変えてみるなど、ライフスタイルを見直すキッカケにもなるでしょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする