ダイエットで飲むならお茶より水?!

ダイエットで飲むならお茶より水?!
日々の生活で、ちょっと休憩する時、お茶やコーヒーを飲みながら、「一息つく」というのが当然になっています。

また、「ティータイム」や「お茶をする」という言葉自体にも、「休憩する」という意味が含まれています。

このことから、味のついた水は、心の癒やし効果もあるではないかと思われます。

ですが、ダイエットに関しては、お茶と水では、どちらが適しているといえるのでしょうか?

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

ダイエットにはお茶より水が適している?

お茶は、嗜好品として適度に楽しむ物としては、何ら問題がありません。

ですが、ダイエットとしてお茶を飲むのはお薦めできません。

殆どのお茶には、カフェインが含まれていて、美容・健康に適さない面があるようです。

ですが、中にはカフェインを含まないお茶もあるので、その面は安心なのですが、ダイエットとしては不向きかもしれません。

お茶全般は、体内で分解される時、腎臓に負担がかかるといわれています。

なので、ダイエットとしては、お茶より水の方が適していると思われます。

ですが、これから寒くなる季節には、水は飲みにくいものです。

水を温める事で、白湯ダイエットもできますので、実践してみてはいかがでしょうか。

水を温めるとさらにパワーアップ

水を飲むことで得られる効能は、基礎代謝が上がる、老廃物の排出、美肌効果など、健康・美容にも期待できます。

ただ、寒い季節は水を飲みにくいので、温めて「白湯」にした方が飲みやすいですし、さらに効果が高まります。

白湯の飲み方は、不純物のない水を沸騰させ、約50ぐらいに冷ましてからゆっくり飲むだけです。

約800ml位の白湯を200mlずつ4回(朝、昼、夜、寝る前)に分けて飲むようにします。

一度に作っておけば、水筒に入れて保温できるので、手軽に飲むことができます。

白湯にすることで、血流が良くなり、内臓の冷えの心配も解消され、 水よりもさらに効果は期待できるでしょう。

ただ、体に良いからとたくさん飲めば逆効果なので、体への思いやりも心がけたいものです。

まとめ

「水」といえば、無味無臭、無色透明の液体で、そのものだけを味わうには、素っ気なくつまらないものです。

現代は、お茶を飲むのが当然になっていますが、 よく考えると全ての根源はこの「水」なのです。

白湯は単なるお湯かもしれませんが、飲んでいるうちに徐々に慣れてきます。

飲み物・食べ物全般は、「慣れ」なので、体とってよいものに体が馴染んでいくとよいですね。

以上のことからも、ダイエットとして飲むなら、お茶より水に軍配が上がりそうです。

ダイエットを通して、再度、お茶より水の良さを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする