ダイエットで効果が出る時期の落とし穴をさけるには


ダイエットと名のつくものは、たくさんの種類があり、何が自分に合うのかと迷いが出てしまいます。

それだけに偏るというのは簡単ですが、すぐに飽きてしまい長続きしないものです。

海水浴や同窓会など、明確な目的があって短期的に痩せるためなら、食事制限や運動をすることも可能でしょう。

ですか、長期的になると、何かに偏ったダイエットというのは不向きです。

本当のダイエットは、無理なく健康的に適正体型になることが望ましいのです。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

ダイエットで効果が出る時期は注意!

どのようなダイエットでも続けていると、体重の減少や体調の変化が感じられる時があります。

本人でしか分からない小さな変化なのですが、「あれっ?」と気づく瞬間です。

この辺は個人差があるので一概には言えませんが、一週間もすれば何かしらの変化が感じられます。

少しでも効果が出てきたと思うと、嬉しくなってモチベーションが上がります。

その気持ちのまま続けていると、どんどん目に見えて成果が分かるようになってきます。

その時がダイエットで効果が出る時期なのですが、一番注意しないといけません。

効果が出る時期の落とし穴とは?

効果を感じだすと、「ついつい」や「少しぐらい、いいか」など自分に甘え意識が出てきます。

その甘え意識が少しづつ膨らんで、元の状態に戻ってしまうという、残念な結果になってしまう事があります。

なので、効果出る時期の落とし穴には、自分の意志が緩んでブレた時に落ちいってしまいます。

この落とし穴の深さは、自分の意志の強さ加減で決まってくるでしょう。

食べ物に偏ったダイエットをすると、このような落し穴に出くわす事もあるので、注意が必要です。

何事にもおいてもそうですが、ダイエットも例外なく、やり通すという決意・覚悟が成功への鍵です。

目的のある短期間なら、きついダイエットもいいですが、特別目的もなく健康なダイエットを目指すなら、長期スパンの方が取り組みやすいです。

体内に目をむける

食べ物など体外の物に意識が行きがちですが、自分の体内に目を向けることをお薦めします。

私達の体には、自然に備わった基礎代謝という生理機能があります。

特別何もしなくても生命を維持するために必要なエネルギーのことをいいます。

基礎代謝は 年齢と共に低下するため、あげる努力をすることで、消費エネルギーもアップして太りにくくなります。

具体的には、「筋力をつける・体温を上げる・血行をよくする」の3ポイントを意識して行動しましょう。

そうすることで、自分の体調を気遣い、健康への関心がさらに高まるでしょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする