50代のダイエットに効果的なカロリーの知識


50代になるとなかなか痩せることが出来ずに悩んでいる方は多いと思います。

若い時はダイエットの知識がなくても、なんとなく痩せていたという方もいるのではないでしょうか?

若い頃とくらべると基礎代謝が落ちていますので、食べたものがエネルギーにならずに、脂肪として蓄積しやすいのです。

その為、食事のカロリーを気にすることはダイエットを成功させるために重要なポイントとなります。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

カロリーのしくみ

人は、基礎代謝によって、生活するだけでカロリーを消費します。

この基礎代謝は、10代後半をピークに年々減少していくのです。

その為、食事量を変えなくても、年を重ねるにつれて、基礎代謝として消費されなかったカロリーは脂肪に変わってしまうのです。

年を重ねるとなかなか痩せない原因は、自身の基礎代謝分に比べて、摂取カロリーが多いからと考えられます。

基本的に、消費カロリー(基礎代謝)>摂取カロリー を継続すれば、痩せることは可能です。

基礎代謝の平均として、成人男性で2000キロカロリー、成人女性で1700キロカロリーと言われています。

すべての平均値ですので、50代はこれより少ないですね。

基礎代謝は、体重や筋肉量によって、個人差がありますので、まずは自身の体型で基礎代謝を計算してみましょう。

食事での摂取カロリーを400キロカロリー減らす

基礎代謝は変わらないのであれば、食事制限をして、摂取カロリーを減らすことが必要ですね。

毎日の食事で400キロカロリー分減らしていくと、1ヶ月で2~3キロほど痩せていきます。

400キロカロリーと言われると、あまりピンとこないと思いますが、基本的に間食を減らすだけで達成できます。

ケーキ1つで300キロカロリー、クッキー2枚で100キロカロリーと、甘いものはとても高カロリーです。

食事と違い、間食の甘いものは無意識に手軽に食べれてしまうので、意識しないとカロリーオーバーになりがちです。

間食をやめるだけで、痩せることは可能ですので、ぜひ実践してみましょう。

まとめ

すべての食事のカロリーを計算することは難しいですよね。

今の時代、すべての商品にカロリー表示されていますので、目安のカロリーを把握するだけでもダイエットにつながります。

基本的に、野菜や果物はカロリーを気にせずにたくさん食べても問題ありません。

カロリーを気にすべきものは、甘いものや炭水化物です。

特に炭水化物は大幅にカロリー摂取してしまうので、ダイエット中は炭水化物を控えめにするだけでも高い効果は期待できると思います。

カロリーは意識するだけでも、ダイエットにつながりますので、今日からぜひ気に留めてみてみてください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする