50代からはじめるダイエット。仕事が忙しくても続けられる方法


50代という年代は仕事をしていれば、重要なポジションを任せられていることも多く、とても忙しい日々を送っていますよね。

それに加え、若い時に比べて増えてしまった体重がなかなか減らずに悩んでいるという方も多いと思います。

毎日の仕事が忙しくても、簡単に続けられるダイエット方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

毎日続けられる食事制限

忙しい50代にとって、ダイエットに時間を割くことは難しいと思います。

忙しくても、食事は毎日行うものですので、食事メニューから改善していくダイエットをオススメします。

食事制限といっても、何から始めればよいのでしょうか?

①夕食は炭水化物を控えめにする
②足りない栄養素は、サプリメントを代用する
③野菜、果物をたっぷり採る

この3つを抑えるだけですので、忙しい50代も続けられますね。

①夕食は炭水化物を控えめにする

炭水化物は消化スピードが遅く、夕食にたくさん食べると、寝るまでに消化されなかったものは脂肪に蓄積してしまうのです。

ただでさえ、若い人に比べて消化スピードが遅い50代ですので、炭水化物は控えめにすることを心がけましょう。

夕食のみ控えればよいですので、朝、昼は炭水化物の摂取は問題ないです。

むしろ、朝食には積極的に炭水化物を摂取しましょう。

朝食は、その日一日のエネルギーになるので、脂肪になることはありません。

ただし、食べ過ぎは禁物ですね。

②足りない栄養素は、サプリメントで代用する

ダイエット中はビタミン不足になることが多いので、日々の食事で足りない栄養素はサプリメントで代用しましょう。

忙しい50代にとっては、様々な種類の野菜を食べる事は難しいので、サプリメントを併用する事をオススメします。

ただし、サプリメントはあくまでも補うものですので、食事代わりにすることは禁物です。

サプリメントは万能ですが、本物の食べ物からの栄養素に敵うものはありません。

③野菜、果物をたっぷり採る

さきほどサプリメントのお話しをしましたが、サプリメントはなるべくなら、飲まないに越したことはありません。

野菜や果物に含まれるビタミンは、ダイエット中の脂肪燃焼を促進する役割があります。

野菜や果物を食べる機会を増やし、ビタミンの力を借りて脂肪燃焼を促進させて、ダイエット効果を高めましょう。

運動はウォーキングを取り入れよう

50代は基礎代謝が落ちているので、有酸素運動で代謝を高めましょう。

有酸素運動の中でも、ウォーキング比較的簡単に取り入れやすい上、初心者でもすぐに始められます。

忙しい人にとって、運動の為に時間を割くことは難しいかもしれません。

しかし、ウォーキングであれば、わざわざ時間を割かなくても日々の生活に取り入れる事ができます。

最寄り駅より1駅手前で降りて歩いて帰ったり、近場でもタクシーを利用している場合は、たまに歩く程度でいいのです。

1つの効果は小さいですが、コツコツ積み重ねれば大きな効果につながります。

まとめ

いかがでしょうか?

忙しいからという理由で、なかなかダイエットを始めてこなかった人も多いと思います。

時間がなくても、日々の生活の中でできることはたくさんあります。

ひとつひとつの効果は小さくても、継続すれば必ず効果は期待できるのです。

仕事で忙しい50代にとって、すべて取り入れやすいダイエット方法ですので、ぜひ始めてみてください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする