50代の食事制限ダイエットのポイント


昔はダイエットすればストンと落ちた体重も、50代になった今、なかなか痩せられないと思っている方は多いのではないでしょうか。

若い時に比べると、基礎代謝も落ちていますので、若い時のように痩せられないのも事実。

運動だけではなかなか痩せない上に、若い時より疲労度はかなり高くなってしまいます。

50代にとって最適なダイエット方法は食事制限です。

食事制限のポイントをまとめました。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

食事制限は継続して行うこと

今日1日、食事制限したからって、すぐに痩せることはないですよね。

食事制限で重要なのは、継続して行うことです。

例えば、平日毎日食事制限しているのに、土日は自分へのご褒美といって好きなだけ食べていては平日の努力が水の泡です。

付き合いもあるので、どうしても高カロリーの食事を食べることもあると思いますが、そういうときはその後の食事のとり方がカギです。

夕食に高カロリーな食事を食べてしまった場合、翌朝、昼までは低カロリーを心がけましょう。

毎日低カロリーの食事が出来れば一番理想的ですが、無理な人の方が多いですよね。

そんなときはあきらめずに、その後の食事で取り返す気持ちで意識して食事制限する事が重要なのです。

毎日の食事制限のポイント

毎日行う食事制限だからこそ、知識を身につけて行うことは重要ですね。

50代は忙しいですので、手軽にできる食事制限のポイントをまとめました。

①夕食は炭水化物を控えめに

夕食後はカロリー消費する行動があまりなく、食べたものが脂肪になってしまうのです。

炭水化物は消化がとても遅いので、夕食時間によっては寝るときまでに消化されていない可能性があります。

炭水化物は控えめにして、就寝3時間前までには食事を終わらせることを心がけましょう。

②朝食は絶対抜かない

ダイエット中は、無駄なカロリーを摂取しないように朝食を抜く人もいますが、これはダイエット中には逆効果です。

そもそも朝いちばんの食事はたくさん食べたからといって、脂肪につながる事は少ないです。

一日で一番活動量が多いのは日中ですので、朝食は日中の活動のエネルギー源なのです。

朝食を抜くと、日中に疲れやすくなったり、おなかが空き過ぎて、昼食の暴食につながるので、朝食はきちんと食べましょう。

③朝、昼、晩 必ず食事しよう

ダイエット中は、食事を抜けば簡単と思われるかもしれません。

しかし、食事を抜く事は、厳禁なのです。

1食抜くことにより、空腹時間が長くなり、次の食事の際に血糖値が急激に上がり、脂肪を貯め込みやすい体になってしまいます。

食事を抜いているのに、痩せないという人は血糖値の問題かもしれません。

ダイエット中だからこそ、規則正しく、3食食べる事を心がけましょう。

食事制限中の栄養失調に注意

食事制限中は、ビタミンなどの栄養素が足りなくなる可能性があります。

野菜や果物は積極的に食べるようにしましょう。

逆に、炭水化物や脂質などは脂肪につながりやすいので、控えめにしましょう。

すべての食べ物を制限してしまうと、必要な栄養素も不足しがちになるので、気をつける必要があります。

ビタミンやたんぱく質などの体に必要な栄養素は、脂肪燃焼を促す効果があるので、摂取することによって痩せる効果も期待できます。

いかがですか?

食事制限にはポイントがあるので、正しい知識を身につけて、行いましょう。

ダイエットは50代からでも遅くありません。

いつでも理想の体型近づける事は可能ですので、継続して取り組みましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする