3食納豆はNG?納豆ダイエットの正しいやり方とは?

50代ダイエット k (2)

ダイエットの基本として食事制限など食事の見直しをする人が多いと思いますが、極端に食事量を減らすことや食事内容の偏りなどがある人は、ダイエットをしても綺麗に痩せる事も難しく、すぐに我慢できなくなりリバウンドしてしまう事が多いです。

ダイエットに効果的な食べ物と言われている納豆ですが、3食とも納豆を食べる事はどのような影響があるのでしょうか?

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

納豆の魅力とは?

納豆はカルシウムやビタミンなど身体に必要な栄養素がバランス良く含まれていますし、お腹の調子を整えてお肌を健康に保ち日々の疲労を回復するような効果があるとても優秀な食材です。

また納豆は1パックでもとても腹持ちが良く、そして納豆に含まれているナットウキナーゼは血液をサラサラにしますし、ポリアミンは細胞の再生には不可欠な成分ですので新陳代謝や老化防止の効果が高く、また納豆レシチンには排毒作用があるためダイエットの敵であるむくみにも効果があり、ダイエットにはオススメの食材です。

3食とも納豆にした時の効果は?

上記にあげた魅力がある納豆の話を聞いてしまうと毎食納豆を食べて痩せよう、綺麗になろうという気持ちが湧いてきてしまう人は多いと思います。

しかし納豆だけに言える事ではありませんが、どんなに良いと言われる食材でもやはり限度や適量があり度を越えてしまうと様々な副作用があります。

例えば納豆ですと、納豆は実はカロリーも高く100gあたり200キロカロリーですので食べ過ぎると太る危険性があります。

また納豆に含まれているプリン体の働きによって納豆を食べ過ぎると痛風になりやすくなります。

このように納豆にも食べ過ぎると副作用がありますので、3食納豆を食べるという事はせず手軽にダイエットをしたいなら朝食に、頑張ってダイエットをしたいなら夕食など1日1食だけ、できる事ならば常温で食べる事が望ましいと思います。

まとめ

とてもダイエットや健康には効果的な納豆ですが、副作用には怖いものもありますので何でもやりすぎにならないように1日1食納豆を食べるなどあまりに偏りすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする