ダイエット中のお茶がぶ飲みは厳禁って本当?その3つの理由とは?

50代 ダイエット 知識
ダイエットをする時に食事制限をするという人は非常に多いと思いますが、水分についてはどのように考えているのでしょうか?

ダイエットが上手くいっているか一番目で見てする分かるものが体重ですが、体重だけを見ると水分さえダイエットには天敵です。

今回は誰もがよく飲むであろうお茶とダイエットについてお話したいと思います。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

お茶のがぶ飲みがダイエット中にしてはいけない理由とは?

お茶にも色々な種類のお茶がありますが、カフェインが含まれているお茶をがぶ飲みする事は、お茶の種類によっては間接的に肥満につながる場合があります。

カフェインは自律神経を交感神経優位の方向にもっていく作用があり、交感神経優位の状態は食欲が暴走しやすいので、カフェインを取りすぎると、無意識に食べ過ぎてしまって太ることがあります。

そしてお茶をがぶ飲みする事はイライラしやすくなりますし、どうしても食欲が暴走しやすくなりますので、特に自分がイライラして食事でストレスを発散するという人は注意が必要です。

また食事中にお茶をがぶ飲みする事は胃液が薄まって消化不良になります。

そうすると内臓にどうしても負担がかかるため、健康的なダイエットの弊害になるといえるでしょう。

お茶を飲む事とダイエットに良いのか?

ダイエットを体重だけで管理してしまうとお茶はいくら0カロリーであっても、飲んだ分の体重は一時的にとはいえ増えるでしょう。

しかしダイエットというのは脂肪を燃焼させる事で痩せるという事であり、水分を減らして痩せる事はダイエットとは言わずボクサーなどがする減量であり、長続きさせる事は不可能と言えるでしょう。

水分を取る事は人には欠かせない事ですので、お茶は常温でこまめに摂取する事がダイエットにとって良いと言えるでしょう。

まとめ

ダイエット中で食事制限をしてしまうと、どうしてもイライラしてしまいお茶など水分をがぶ飲みしたくなる人も多いでしょう。

お茶は0カロリーですが、がぶ飲みする事はやはり健康には良くないので、ダイエット中はこまめに水分を摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする