50代の健康的なダイエットの基本はバランスがよい食事

50代 ダイエット 知識
50代が無理なダイエットをするのは禁物です。

無理な食事制限や激しい運動は健康を損ねてしまいます。

50代のダイエットで大切なのは食事のバランスです。

バランスがよい食事といわれてもどんなものがいいのかわかりませんよね。

ダイエットのためにはどのような食事をするといいのでしょうか?

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

基本は3食

やせるために朝食抜きをしていませんか。

たしかに、朝食を抜けば摂取カロリーが減るのでやせられそうですよね。

しかし、朝食には1日の代謝を高める働きがあり、朝食抜きをすると代謝が落ちてやせにくくなります。

必要な栄養も不足してしまうので、健康に影響が出る可能性もあります。

基本は1日3食です。

50代になると代謝が落ちて20代のころと同じ量を食べても太ってしまうので、腹七分目や八分目の食事を摂るようにしましょう。

どんな食事内容がいいの?

毎食、炭水化物・脂質・タンパク質を摂るようにします。

炭水化物の摂り過ぎは血糖値を高くして肥満の原因となるだけでなく、糖尿病を招く恐れがあるので、炭水化物が多いご飯、麺類、パン、芋類の食べ過ぎには気をつけましょう。

脂質は意識しなくても摂っています。

摂取量が多くなりがちなので油を使わない調理をしたり、脂身を避けて脂肪の過剰摂取に気をつけましょう。

魚に含まれる油はDHAやEPAで血液をサラサラにするなど健康をサポートしてくれるので、避ける必要はありません。

タンパク質は魚や大豆製品から摂取することがおすすめです。

魚には良質な油が含まれており、大豆製品は低カロリーなタンパク質源です。

まとめ

バランスがよい食事が健康を維持しながらやせるポイントです。

バランスを考えて3食腹八分目に食べて、健康を維持しながらダイエットを成功させましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする