ダイエットだけでなく50代の健康維持にも甘酒が良いワケ

50代ダイエット k (2)
寒くなってくると飲みたくなる甘酒ですが、温かい甘酒を飲むとほっとできますよね。

最近は夏でも冷やし甘酒が販売されています。

そんな甘酒にはダイエット作用があります。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

甘酒には2種類ある

甘酒には麹と米を発酵させたものと、酒粕から作るものの2種類があり、どちらもダイエットに効果が期待できます。

麹と米で作る甘酒はアルコールを含んでいないので、子供やアルコールに弱い方も飲むことができます。

酒粕から作った甘酒は甘味がないので、飲みやすくするために砂糖を加えることがあります。

どちらも食事のときに飲んでダイエットをします。

麹で作った甘酒の効果

甘酒は冬に飲むものというイメージがありますが、江戸時代には夏バテ防止のために夏に飲まれていました。

飲む点滴といわれていて、ビタミンB群や消化吸収がよい糖分を含んでいます。

50代になると健康が気になってきますよね。

無理な食事制限は栄養不足を招いて体を壊す危険がありますが、栄養が豊富な甘酒を飲むことで栄養不足を予防できます。

吸収がよい糖分を含んでいるため、食事に取り入れることで血糖値が高くなり、満腹感を得られて食べ過ぎを防止できます。

酒粕甘酒の効果

酒粕にはレジスタントプロテインという消化されにくいタンパク質が含まれています。

レジスタントプロテインは油分を吸着して排泄する働きがあり、コレステロール値の低下やダイエット効果が期待できます。

50代になるときになる健康診断の数値にも効果的です。

また、レジスタントプロテインが食物繊維のように働いたり、油を吸収して便に適度な油分を与え、便通をよくしてくれます。

まとめ

甘酒には2種類ありどちらもダイエットをサポートしてくれます。

ダイエットによいだけでなく、50代から気になる健康維持にも役立ちます。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする