50代の過酷なダイエットは健康を損ねる!?健康的にやせるには?

50代ダイエット k (3)
リンゴだけといった厳しい食事制限、激しいランニング、水だけ断食、このような過酷なダイエットしていませんか?

過酷なダイエットほどすぐに変化を実感できそうですが、やせることができても体を壊してしまいます。

特に体の機能が落ち始める50代は過酷なダイエットは禁物です。

では、健康的にやせるにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

基本は食事と運動

50代になると体の機能が落ち始め、腰やひざが痛い、体がだるい、健康診断の数値が気になる、階段を上るのがつらい、といったことが気になってくると思います。

このような体からのサインがでているのに、無理な食事制限や激しい運動をすると体力を消耗してしまい、健康貯金が減っていきます。

健康貯金が底をつけば大きな不調が表れる危険があります。

ダイエットの基本は食事のバランスと運動です。

3食バランスのよう食事を食べ、適度な運動をすることで、健康貯金を減らさずに健康的にやせることができます。

おすすめの食事と運動

食事は和食がおすすめです。

肉類や乳製品が豊富な欧米食は脂肪分が多く、脂肪分が多い食事は肥満を招くだけでなく、血圧やコレステロール値に影響を与えます。

和食は脂肪分が少なく、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な野菜や海藻をふんだんに食べることができます。

脂肪分が少ないので欧米食に比べてカロリーが低く、栄養価が高いので健康にもよいです。

過酷な運動は体の負担になるので、無理なくウォーキングがおすすめです。

運動習慣がなかった方は1日10分程度からはじめて、慣れてきたら30分くらい歩けるようになりましょう。

足腰が鍛えられて将来の寝たきり防止にもなります。

まとめ

20代や30代のころならすぐに回復するかもしれませんが、50代が過酷なダイエットをすると健康を損ねてしまいます。

健康にやせるには食事のバランスと運動が基本です。

無理なくダイエットをして、理想の体型と健康を手に入れましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする