正しい食生活で行う50代のダイエット

50代 ダイエット 食事 (2)
厳しい食事制限や激しい運動で短期で痩せられるのは、エネルギーがあまっている20代の頃だけ。

30代からだんだんと痩せにくさを感じるようになり、40代ではやっと頑張って痩せたのに、肌のたるみなどの美容の心配が。
そして50代、お腹周りの脂肪は確実についてきて、食事も減らしているのにちっとも体重が減らない!

それどころか増える一方・・・。

そんなダイエットの悩みをお持ちの方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

50代のダイエットは、健康を第一に考えた、「しっかり食べて痩せるダイエット」をおすすめします。

「食べて痩せることができるの?」という疑問があるかもしれませんが、正しくは、「食生活を見直す」ということです。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

あなたの食卓のバランスを思い出してみてください

ここ最近1週間の献立をできる限り頭の中で思い返してみてください。

お野菜やお肉、お魚の量のバランスはいかがでしたか?

調理法にもよりますが、もしも、お肉やお魚に偏って脂っぽい食事になっていたら、それは「中年太り」の原因の一つ。

50代になると、30代のときに比べて基礎代謝量が低下しているため、体の中のカロリーの消費量が少なくなっています。

では、逆に、あっさりとしたお肉やお魚が少ない料理を思い出した方はどうでしょうか。

やはりこの場合も、たんぱく質や脂質が必要以上に少ない可能性があり、バランスの良い食事とは言えません。

ダイエットをする上でのバランスの良い食事とは、代謝を促進する筋肉を育てる「たんぱく質」、肌のハリ・ツヤを保つ適度な「脂質」、そして余分な脂質を代謝しやすくする糖質を含む「炭水化物」の三大栄養素をきちんと摂取することです。

正しい食生活を送ることの必要性

誰しもがそうですが、加齢とともに基礎代謝量が下がるため、その分、摂取したエネルギーを消化する機会が30代と50代では大幅に減ってしまいます。

そのため、それを補うために、たんぱく質で体の中で一番エネルギーを使う筋肉を育てることが必要となるのです。

摂取したエネルギーは代謝をしなければ、体内に溜めこむ一方です。

それを防ぐためにも、ビタミンやミネラルなどの栄養も必要となります。

また、日本人は塩分を摂りすぎの傾向が強く、食物繊維とカリウムの不足が目立っています。

このように、食生活を正すことで、中年太り特有の、基礎代謝の低下を補い、ケガや病気のない健康的なダイエットを目指すべきなのです。

生活習慣の改善は一日にしてならず

冒頭でも述べた通り、短期決戦の無茶なダイエットが通用するのは20代の頃だけ。

本音を言えば、20代のうちでさえ、本来は長期的な目線で行う、生活習慣を正すダイエットのほうが健康的には望ましいのです。

それが50代ともなれば尚のことです。

思うようにダイエットの結果がついてこず、ストレスを感じることもあるかもしれませんが、毎日のコツコツとした積み重ねは必ず良い結果を生み出します。

もしも、毎日の献立に悩んでしまったら、インターネットでレシピを検索したり、ダイエット本のレシピをそのまま作るだけでも構いません。

色々なダイエットメニューを作って毎日の食卓を楽しんでみる、くらいの気持ちで、まずは取り組んでみてください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする