大敵のストレスに打ち勝つ、50代のダイエット法

50代 ダイエット 知識
40代、50代と年齢を重ねるごとに、ダイエットに取り組んでもなかなか思うように結果が出ず、焦りやストレスを感じることはありませんか?

この年代は、加齢とともに基礎代謝が低下しているため結果がなかなか伴わないこともありますが、生活環境でも、子供の独立や自身の仕事、更年期、それに加えて親の介護と、なにかと変化が大きく、ストレスを受けやすい頃でもあります。

また、ダイエットは短期決戦ではなく、長期的に徐々に徐々に、継続して行うことが非常に大切です。

上手に気持ちをコントロールすることで、50代でも60代でも、ダイエットを成功させることは十分に可能ですよ。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

50代のダイエットは食べても良い!

よくダイエットというと、間食を止めなくてはならない、とか、ご飯を減らさなきゃならない、一生懸命運動をしなければならない、と考えがちです。

しかし、「○○だけ食べる、食べないダイエット」という過激な食事制限や激しい運動は50代以降のダイエットでは不要、むしろおすすめはできません。

40~50代は、ホルモンのバランスが崩れやすく、筋肉量が減り、基礎代謝も低下しているため、しっかり栄養のバランス良く食べなくてはならないのです。

運動も激しいジョギングなどより、筋肉痛にならない程度のウォーキングや踏み台昇降、筋肉を育てるためのスクワットなどの無酸素運動を20分ほど行うだけで良いのです。

大切なのは毎日続けられることと、ケガや病気をすることなく健康を維持することです。

なので、ストレスを溜めこむような無理なダイエットはしなくても大丈夫ですよ。

ストレスを溜めないダイエット法

それでは、ストレスを溜めこまないダイエットのポイントをいくつか紹介します。

①ダイエットの中に趣味を盛り込む

たとえば、ウォーキングをする際に音楽を聞きながらやったり、景色を写真撮りながらやったりと楽しみを見つけてみましょう。DVDエクササイズなど、楽しみながらできるダイエット法を見つけるのもおすすめです。

②家の中でもできる「ながらダイエット」

家事をしながら動作を大きくしたり、テレビを観ながら踏み台昇降をやったりと、時間を効率よく使ってみましょう。

③食生活は習慣づける

毎日の食事を低脂質・低糖質なものにし、野菜は多めに、筋肉を作るたんぱく質をしっかりと摂りましょう。

毎日行うことで、習慣化し、ストレスを溜めにくくなります。

もしかしたら、最初はダイエットメニューを考えるのも難しいかもしれません。

そんな時は、インターネットや本にはカロリーが少なくても栄養もボリュームも満点なレシピがたくさん載っています。

そういうものを参考にしながら、楽しく作って食べると良いかもしれません。

④間食は「なくす」のではなく「減らす」

間食を全くなくしてしまっては口寂しくなりストレスの原因になることもあります。

「15時にせんべいを一袋ならOK」など、少し自分への規制を緩めてあげることも良いかと思います。

50代はのびのびとしたダイエット方法を

以上のように、同じダイエットでも、50代のダイエットと20~30代のダイエット法は根本的に違います。

本来は若くても、このように健康的に、長期的に目標を立ててダイエットを行ったほうがリバウンドもしにくいですし、健康的と言えます。

50代のダイエットは単なる「減量」ではありません。

ストレスを溜めこまず、健康的でいきいきと美しい体を手に入れましょう!

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする