効率よく成功するためにも、知っておきたい50代以降のダイエット

50代 ダイエット 知識
思ったように結果が伴わず断念してしまうことが多い50代以降のダイエット。

しかし、中には同じ50代でも60代でも、ダイエットに成功をしてきらきらと輝いている方もたくさんいらっしゃいますよね。

結果が出ないのは、太りやすく痩せにくい体質のせいなの・・・?と諦めてはいませんか?

もちろん、体質は人それぞれです。

だからこそ、自分にあったダイエット法を知ったり、中年太りのメカニズムを頭に入れておけば、あなたも効率よくダイエットをすることができるようになりますよ。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

自分に合ったダイエット法を知りましょう

病院の定期健康診断などを受診すると、現在自分の体内で何が不足しているのか知ることができます。

メタボリックシンドロームと言われる内臓脂肪率や、カルシウム不足ですとか、ダイエットを行う上でのキーワードを医師から受け取ることもできます。

例えば、カルシウム不足の場合であれば、腸管機能が弱って脂肪を取り込みやすい状態になっていることが原因になるので、「朝ホットヨーグルトダイエット」をすると効率よく痩せることができます。

また、内臓脂肪率が高いようであれば、皮下脂肪よりも内臓脂肪のほうが燃焼しやすいので、有酸素運動を取り入れれば効率が上がります。

このように、まずは自分の健康状態から合った方法を探すことも、ダイエット成功のポイントです。

誰にでも起こる中年太りのメカニズム

中年太りという言葉は聞くけれど、特別に食べ過ぎているわけでもないのにどうして太ってしまうのか分からない、という方もいるのではないでしょうか?

人間は生命を維持していくうえで必要最低限消費するエネルギー、基礎代謝があります。

これは20代をピークに、加齢とともに誰でも低下するものなので、50代で若いころと同じ食事量、運動量では当然太りやすくなってしまいます。

これを補うには、エネルギーを一番よく使う「筋肉」を育てることが一番効率的です。

食事に関しては、単純に量を減らすのではなく、低脂質・低糖質なものを選び、野菜を多めに、たんぱく質を摂取するよう心がけます。

運動に関しては、過度な激しい運動はケガのおそれもありますので、スクワットや腹筋などの無酸素運動を取り入れるのがよいでしょう。

今の自分に合った方法とペースを守りましょう

若いころと比べれば体力も当然違いが出てくる50代は、過度な食事制限や運動は絶対にやめましょう。

また、自分の健康状態を知ることから始めれば、目標を「健康の維持・向上」として継続してダイエットに取り組むことができます。

50代のダイエットは短期決戦ではありません。

自分に合った方法で、ストレスを上手に解消しながら、長い期間をかけてリバウンドのしない体を効率よく手に入れてください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする