難しい50代のダイエットで脂肪を燃やすには?

50代 ダイエット 知識
あなたは自分の体脂肪率をしっかり把握しているでしょうか?

健康診断などをこまめに受けたり、体重計にのって毎日数値を把握している方は多くいるでしょうが、しかし中には、その数値の意味を把握できていなかったり、もしくはそれさえもしていなくて、現状の自分の健康状態がどうなっているのか分からない、という方もいるのではないでしょうか。

近年、メタボリックシンドロームという言葉がメディアでもよく流れていますが、50代を過ぎた方の2人に1人はメタボ予備軍と言われています。

そのまま放っておくと病気を誘発するメタボリックシンドローム。

早めのダイエットが健康の鍵です。

50代以降の方は、1日も早く脂肪を落とす努力を始めましょう!

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

中年太りは基礎代謝の低下が原因

おそらく、ダイエットを経験したことがある方は、年代によっての痩せやすさ、痩せにくさを実感していると思います。

20代の頃は、食事制限や激しい運動、薬を使うことで短期的に劇的に痩せられたとしても、30代、40代となるにつれて、ダイエットの努力の量と体重の減少が比例しなくなったのではないでしょうか。

特に50代を過ぎてからのダイエットは、なかなか結果が出ず、難しいとさえ言われています。

それは、年齢とともに基礎代謝量が低下しているためです。

基礎代謝とは人間が生きていくうえで最低限必要とし消費するエネルギー量を言います。

これが低下していくということは、若いころと同じ食生活、運動量では、消費する量が少ないため、取り入れた脂肪をどんどん体内に溜めこんでしまうことになります。

これが中年太りです。

また、50代以降は筋肉の繊維も細くなっているので、過度な運動やダイエットはけがや病気を引き起こす可能性もあります。

ダイエットをする際は、正しい方法で、健康的に行いましょう。

皮下脂肪よりも内臓脂肪のほうが燃えやすい!

20~30代の頃は、脂肪がつく場合は皮下脂肪としてつくことがほとんどですが、40代以降は内臓脂肪としてつく可能性が高くなります。

先述したメタボリックシンドロームは、男性の場合は腹囲85センチ以上、女性の場合では90センチ以上でその疑いがありますが、内臓脂肪がついている場合は、見た目に肥満かどうかを判断できない場合があるので要注意です。

しかし、落ち込むことはありません。

実は、同じ脂肪でも、皮下脂肪より内臓脂肪のほうが燃焼しやすい性質なのです。

ですから、低脂質・低糖質の食材を選んで食べたり、ウォーキングやスロージョギングなどのゆっくりと長続きできる方法を取り入れれば、ついてしまった内臓脂肪の減少も大いに期待できます。

脂肪を落とすのは長期戦!

若いころのように過度な運動や食事制限は絶対にしないでください。

50代以降のダイエットは効果が出にくいからこそ、生活習慣の見直しから始めて、コツコツと長期戦で行うべきです。

短期間での無理なダイエットは、しわやたるみなどの原因にもなってしまいます。

ストレスを上手に発散しながら、ダイエットを長く続け、無駄な脂肪のない健康的な体作りをしてみてください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする