ウォーキングで無理なく健康的に!50代で効果をあげるダイエット

50代 ダイエット 運動 (1)
50代以降のダイエットは、効果が表れにくく、想像以上に困難に感じると言われています。

20~30代の頃は食事制限や激しい運動で短期間で痩せる事が可能ですが、50代以降で同じようなダイエットを行うと、目標体重をクリアしても皮がたるんでしまったり、栄養が欠乏するばかりで肝心の脂肪が燃焼しない、など、ダイエットをきれいに成功させることは非常に難しくなります。

50代からのダイエットは長期的な目線でゆっくりと減量しながら、無理のない運動で脂肪を燃焼させていきましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

ウォーキングで無理なく始める有酸素運動

脂肪を燃やすためには、有酸素運動が非常に効果的です。

いわゆる「中年太り」は、加齢によって代謝は低下しているのに、若いころと変わらない生活習慣を送ることで、脂肪を体内に溜めこんでしまうことにあります。

しかも、若いころと違うのは、この脂肪は「皮下脂肪」ではなく、「内臓につく脂肪」だということ。

見た目には肥満が分かりにくい場合があります。

毎日の体脂肪計計測や定期健康診断などで、今の健康状態はしっかりと把握をしましょう。

しかし、この内臓脂肪は皮下脂肪に比べて燃えやすい性質になっていますので、有酸素運動を取り入れることで、十分に改善をすることは可能です。

特に、50代以降の方の場合は、30代の方に比べて筋肉の繊維自体が細くなっていますので、急激にランニングを行ったりすることはおすすめできません。

ウォーキングであれば、誰でも気軽に始められ、適度な心拍数とスローペースでもたくさん発汗することで、長時間動き続けることができるので、50代以降の方でも無理なく脂肪燃焼の効果を大いに期待できます。

正しい効果的なウォーキングの仕方とは?

どうせ同じウォーキングをするのなら、もちろんダイエットの効率を上げたいですよね。

例えば、同じ距離を歩いたとしても、痩せようという心持ち、歩き方が異なれば当然結果も大きく変わってきてしまいます。

まず、ウォーキングを行う場合、いきなり毎日始めるのではなく、最初は脚を慣らすために週3回程度にしましょう。

筋肉痛になるようであれば、少々やりすぎになってしまいます。

そして、正しいウォーキングの仕方は、

・靴は運動靴を履き、しっかりと紐をしめる。

・普段歩くときよりも歩幅は大きく、きびきびと歩くようにしましょう。

・腕は背中から動かすイメージで左右共に大きく振りながらリズムよく歩きましょう。

・20分程度は継続してウォーキングをすること。

脂肪の燃焼は20分以上続けることで、脂肪がエネルギーへと変わり始めます。

短期的に痩せようと一度にたくさんの距離を歩くのではなく、最低でも3か月は継続して、長期的にゆっくりと減量することを目指しましょう。

楽しいウォーキングで脂肪もストレスもなくしましょう!

50代のダイエットは非常に根気が必要ですし、結果がなかなか伴わずストレスに感じる場合もあるかもしれません。

しかし、音楽を聞きながら歩いたり、変わりゆく景色を楽しんだり、草花の写真を撮りながら歩いてみたり・・・。

趣味も兼ねてはじめてみると、ストレスの発散にもなり、楽しく続けることができ、また効果が表れてきたらさらにやる気も増すと思います。

歩数計を着けて計ってみることも楽しいかと思います。

歩いた距離にはあまり囚われ過ぎず、是非、ゆったりとした気持ちで、お天気のいい日は一歩外に出て歩いてみて下さいね。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする