50代で成功に導くためのダイエット生活

50代 ダイエット 知識
あなたの生活は、年齢や健康を気にしたものでしょうか?

若いころと同じ、脂っぽいものを好きな時間に食べ、運動は気が向いた時しかしない・・・。

もしくは、年齢を重ねるにつれ、脂っぽいものを体自体が受け付けなくなり、あっさりしたものとお茶で食事を済ませているから、余計な運動はしなくてもいいや、という方もいるかもしれません。

そして、そんな人の中で多いのは、お腹周りの脂肪が気になったりしていることなのでは・・・?

50代以降には若いころと比べ、体質に大きな変化があります。

それは、基礎代謝の低下です。

そのため、今まで通りの生活習慣ではなかなか健康を維持することが難しくなってしまいますよ。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

放っておくと怖い中年太りは早めの解消を!

最近お腹周りが気になっている方は、一度自分の腹囲を計測してみてください。

男性の場合は85センチ以上、女性の場合は90センチ以上でメタボリックシンドロームの疑いが出てきます。

また、見た目にはスマートでも、内臓脂肪率は大丈夫でしょうか?

50代以降の太り方の特徴としては、お腹周りを中心として内臓自体に脂肪がついてしまう点が挙げられます。

これは、年齢とともに低下している基礎代謝量の分、今までと同じ食事内容や運動量だと、どうしても避けては通れない道です。

そして、もし、そのまま放っておけば、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの恐ろしい生活習慣病を引き起こしかねません。

しかし、この内臓脂肪は、若いころの肥満の原因に多い皮下脂肪とは違い、燃焼しやすい性質がありますので、正しい食事制限と、適度な運動を生活の中に取り入れれば十分に改善することは可能となります。

40代までのダイエットは脂肪の燃焼を。

50代からのダイエットは低下した基礎代謝量を補いながら、体の中からきれいになるダイエット法を実践していきましょう。

基礎代謝量を補うためには筋肉を育てましょう

筋肉は一番エネルギーを溜めこみ、消費する器官となります。

30代と50代では筋肉の繊維自体も細くなってしまっているため、筋肉を育てて代謝量をアップさせましょう。

筋肉を育てるためには、無酸素運動が効果的です。

スクワットや、ダンベルを使った運動なら、自宅でも実践することが可能です。

また、ヨガもゆったりした動きですがインナーマッスルを鍛えることができるので効果的です。

また、内臓についた脂肪を落とすには、有酸素運動も取り入れましょう。

筋肉痛にならない程度の運動、ウォーキングやスロージョギング、家の中でなら踏み台昇降が良いでしょう。

あと、もう一つ、筋肉を育てるうえで大切なのは食事療法です。

ダイエットをするからには、ある程度の制限は設けなければなりません。

例えば、低脂質、低糖質のものを腹八分目までのにする、などです。

ただし、制限を設けることでストレスが生じてしまってはダイエットが続かなくなってしまうので、間食は「なくす」のではなく、15時におせんべい1枚ならOKなど「減らす」工夫をしてみてください。

バランスの良い生活が健康体を作る!

「50代のダイエット=健康体を作ること」です。

この先の60代、70代でも健康に快適な生活を送るためには、早い段階での食事と運動のバランスの良い生活を始めることがとても大切です。

是非一度、健康診断などで自分の身体の健康状態を知り、今の自分に必要な正しいダイエット知識を身に着けて、生活の中に取り入れて実践してみてください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする