50代の女性の美しさを引き出すダイエット

50代 ダイエット 知識
20代~30代の頃はスリムな体形を維持していたのに、40代を過ぎたあたりから脂肪が付き始めてしまった・・・。

若いころよりも食事量も減っているのに、50代になってからは体重が減りもしないで増える一方。

しかも更年期も重なって、毎日がしんどい・・・。

そんな苦しい思いをしている女性の方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、中にはダイエットに成功し、きらきらと美しい女性もたくさんいます。

若いうちにはない柔らかな美しさは50代の女性の特権。

今の身体の状況を知り、あなたも健康的で美しい身体をダイエットで手に入れましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

50代の女性の体内で起こっていること

まず、男女共通して言えるのは、人間が生きているうえで必要最低限なエネルギー(呼吸など)を消費する力、基礎代謝が加齢に伴って低下をしていることです。

これは、筋肉量の減少とも密接に関係があります。

50代になってからは食事があっさり志向になり、肉や魚を食べる機会が減ったりはしていませんか?

筋肉は体の中で一番エネルギーを消費する部位ですので、これが少なくなると、基礎代謝量も少なくなってしまいます。

しかし、反対に考えれば、筋肉をつければ、この低下した分の基礎代謝量を補うのは十分に可能ということになります。

また、女性特有のことで言えば、閉経に伴って更年期が40~50代にかけて始まります。

更年期は、女性ホルモンが低下しバランスが崩れることが起因しています。

ホルモンのバランスが崩れることは、脂肪を溜めこみやすくなってしまうことにも繋がるのです。

今、自分のお腹を見てみて、他の部位はそうでもないのに、お腹だけポッコリ出ていたら、それは内臓脂肪が増加しているサイン。

若いころに比べて40~50代は、皮下脂肪よりも内臓脂肪が付きやすい傾向にあります。

お腹が出ているにもかかわらず、皮膚の上からつまめなかったら、それは内臓脂肪です。

食事改善と運動で始める生活改善ダイエット

中年太りは、皮下脂肪よりも内臓脂肪が多いと書きましたが、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落としやすいので安心してください。

しかし、50代のダイエットは、若いころに比べて体力も違うので、過度なダイエットは絶対に禁物です。

行うのは、生活習慣、特に食事の改善と運動の取り込みです。

食事は単純に「減らす」のではなく、低脂質・低糖質に、野菜は多めに摂り、肉や魚もしっかり摂ることです。

筋肉量が減っているからこそ、アップさせるためにしっかりと食べることが大切です。

特に、女性ホルモンのバランスを整えるためには、イソフラボンを多く含む大豆食品を食べるようにしてください。

「一汁三菜」を目安に作れば、野菜も肉も魚もバランス良く摂れるのでおすすめです。

また、運動は筋肉を育てるための無酸素運動(スクワットなど)と脂肪を燃焼させる有酸素運動(ウォーキングなど)を20分程度行ってください。

無理な運動はケガや病気の原因になりかねないので、筋肉痛にならない程度に行いましょう。

ダイエットは毎日の改善の積み重ねが大切です

50代のダイエットは「減量」ではなく、「健康を維持すること、またはもっと健康になること」を目標に行いましょう。

生活の改善を行うということは、短期決戦ではなく、長期的に行う必要があります。

しかし、長期的に行ったダイエットはリバウンドしにくく、身体の中からしっかりと健康を作ることができます。

50代でも60代でも健康的に痩せることは十分に可能です。

焦らず確実に、美しい体を目指してダイエットを行いましょう

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする