50代のダイエットは健康重視

50代 ダイエット 知識
若いころはスマートな体形を保っていた方でも、40代を過ぎたあたりからお腹周りなどの脂肪が気になりだしている方はなかなか多いのではないでしょうか?

「中年太り」や「メタボリックシンドローム」など、テレビや雑誌で目にしたり耳にすることがあると思いますが、「自分だけはまだ大丈夫」という思いは、50代を過ぎた方には特に注意していただきたいところです。

いつまでも若々しく、健康な身体でいるためにも、リバウンドをしない正しいダイエット法を知りましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

放っておくと怖い、中年太りは早めの解消を

若いうちのダイエットは皮下脂肪を落とすことに重点を置いてる場合がほとんどですが、40代~50代の中年太りの原因は内臓周りにつく脂肪が原因となる場合がとても多いです。

この中年太りは放っておくとますます進んでしまい、糖尿病や心臓病、動脈硬化などの恐ろしい生活習慣病を引き起こす原因となってしまいます。

しかし、怖がることはありません。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて燃焼しやすい性質があるので、これらの病気を予防するためにも早めの対策を立てれば健康を維持することは十分可能です。

脂肪燃焼をさせるダイエットの方法としては、やはり運動は欠かせないでしょう。

ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動はもちろん、スクワットや腹筋などの無酸素運動は筋肉を育てることになりますので、エネルギーの消費に効率が良くなります。

食事の見直しも同時進行で行いましょう

50代以降のダイエットは、若いころと同じ感覚で行ってはいけません。

確実に加齢によって体力は落ちていますので、健康を第一に考えるべきです。

「○○だけ食べるダイエット」や「○○制限ダイエット」などのように体に負担が掛かるものは避けなければなりません。
あくまでも食事はバランス良く三食しっかりと摂り、低脂質・低糖質を心がけましょう。

その際に、野菜や海藻、筋肉を育てるたんぱく質は積極的に摂ってください。

また、長くダイエットを続けるためにも間食をコントロールすることもポイントです。

全く間食をしない、としてはかえってストレスを溜めこみ、ダイエットの継続が難しくなる可能性があります。

間食はストレスの解消を図る役割も持っていますので、「3時にせんべいを1枚」など、一定量の間食を自分に許す事も大切でしょう。

ダイエットは長期的な目線で焦らずに

自分の体形、健康を改善することは、それまでの生活習慣を見直し、生活自体を切り替えることになるので、ある程度の努力を欠かすことは出来ません。

しかし、50代以降のダイエットでも、筋肉痛になるほどの激しい運動を避け、適度な食事と運動を取り入れることで、ゆるやかではありますが、確実に生活習慣は改善することができます。

空腹の時間も、「今が脂肪の燃えているときだな」と楽しめるようになれれば、ダイエットを味方にしたようなものです。
目標は短期ではなく、長期的な目線で立て、是非、健康を一番に考えて取り組んでみてください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする