50代からのダイエットに最適な運動とは?

50代 ダイエット 運動 (2)
若いころと同じ生活をしているだけなのに、だんだん太ってきてしまった・・・。

年齢を重ねるとともに低下する基礎代謝の分、50代以降のダイエットでは、食生活はもちろん、運動も並行して行わなければ、「中年太り」がますます加速してしまいます。

中年太りは皮下脂肪よりも内臓に脂肪が付きやすく、この内臓脂肪は皮下脂肪に比べて燃えやすい特徴があります。

適度な運動で健康はまだまだ維持できますので、おすすめの運動法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

外にでるのが億劫なら自宅でも!おすすめの有酸素運動

有酸素運動とは、長時間に渡って酸素をいつもより多く体内に取り込み、その酸素を使って、体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼します。

ダイエットで脂肪を燃やすには有酸素運動が効果的と言われています。

有酸素運動の代表格としてはジョギングがありますが、50代以降の方のダイエットにとっては、いきなり激しく行うことはあまりおすすめできません。

若いころに比べて筋肉の繊維自体も細くなっているためです。

あくまでも長期的に、楽しく、身体に負担のかからない方法がおすすめと言えます。

外で行うのなら、ウォーキングやスロージョギング(話しながらできる程度の走行)が良いでしょう。

目に映る景色や、運動中は頭の中も歩くこと、走ることに集中できるので、ストレスの解消にもつながるでしょう。

また、もし、外に出るのが億劫な場合は、家の中でもできるエクササイズDVDや、エアロバイク、電動ウォーカー、踏み台昇降などがおすすめです。

これらは天候に左右されずに、テレビや音楽と一緒に「ながら運動」ができるので、気付かない間に長時間できたり、「つぎのCMが入るまでは頑張ろう」などの目標が立てやすいところが利点です。

筋肉を育てるなら無酸素運動で

筋肉はエネルギーを一番多く消費するので、基礎代謝が落ちている分、50代以降のダイエットでは筋肉を育てるのが非常に有効的です。

有酸素運動が脂肪を落とすのに対して、無酸素運動は筋肉を育てます。

腹筋や腕立て伏せ、スクワットなどを各10回程度で3~5セット行ったり、ダンベルを使って持ち上げたり、ダンベルを持ったままひじの曲げ伸ばしをしたりすると、筋肉を育てるトレーニングになります。

気楽に長続きできる運動が最適!

50代以降のダイエットでは、運動はとにかく激しくなく、気楽に長続きさせることがポイントです。

ストレスなどがたまらないように工夫することも必要となってきます。

もしも自分だけではトレーニングは続かない…という方は、サークルや教室などでヨガやフラダンスなどをするのも良いでしょう。

これらはインナーマッスルを使うので、一見ゆったりした動きですが、ダイエットには非常に効果があります。

仲間を作って楽しくいきいきと運動すれば、ダイエットの効果も上がるかもしれませんね。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする