あなたは肥満じゃない?50代からの健康ダイエット

50代 ダイエット 知識
ダイエットを始めるには、まず、自分の身体の状態をしっかり把握して知ることが大切です。

特に30代に比べて50代以降の方は、肥満の状態にあると、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病から、その他病気まで、様々な健康を犯すリスクが高くなる年代です。

そのためにも、同じダイエットでも若いころとは違い、ただ体重を落とすのではなく、健康を維持、促進することを目的としたダイエットを行うべきです。

まずは自分の現在の肥満度を知ることから始めてみましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

BMIで知る肥満度チェック

BMIとは、「Body Mass Index」といって、体重と身長の関係から示す、人の肥満度を表す体格指数のことを言います。

BMI=(体重㎏)÷(身長m×身長m)で計算され、

・肥満度1度→BMI25~30未満

・肥満度2度→BMI30~35未満

・肥満度3度→BMI35~40未満

・肥満度4度→BMI40~45未満

と、ここに書いたようにBMIが25を超える場合には、将来の健康のためにも減量をする必要があると言われています。

実は隠れ肥満?体脂肪率にも注目しましょう

上記のBMIのほかにも、体重計を使って体脂肪率を日々計ることも大切です。

見た目には細く見えても、50代以降の方は特に内臓周りに脂肪が付きやすく、一見すると肥満かどうかわからない、隠れ肥満の場合があるからです。

そして、この内臓脂肪のほうが皮下脂肪よりも落とすことが難しいのです。

体脂肪率は、男性だと10~19%、女性では20~29%が正常範囲で健康であると言えます。

この範囲を超えていたり、ウエストのサイズが男性で85㎝、女性で90㎝以上、尚且つ皮膚のうえから脂肪がつまめない場合は、肥満、メタボリック症候群の恐れがありますので、ダイエットが必要となるでしょう。

しかし、50代以降では、基礎代謝が若いころより下がっているので、痩せにくくダイエットに苦労をするようであれば、病院のメタボ外来やサプリメントを上手に利用するのも良いかもしれません。

健康第一!生活習慣の改善で肥満を解消!

たとえ、自分のBMIや体脂肪率が肥満の範囲内にあったとしても焦ることは禁物です。

焦って、過度な運動や食事制限をすることは、かえって健康を害してしまう結果となりえます。

低糖質、低脂質でバランスの良い食事、筋肉痛にならない程度のウォーキングや水泳などの無理のない運動、そして病院やサプリメントなどの上手な利用。

ダイエットの目標を「減量」ではなく、「動きやすくて健康な体を手に入れること」に切り替える。

これらを通して、長期間で目標を立て、生活習慣を見直せば、50代でも60代でも、必ず今よりも快適で健康な生活を手に入れることができますよ。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする