たるみを作らない!50代のダイエット

50代 ダイエット 知識
年齢とともにシミやシワなど、お肌のトラブルは年々と増していくもの。

そして、それらを再生する能力がだんだんと落ちていくのも事実…。

そんな中、ダイエットはしたいけれど、成功したらお腹や二の腕などにお肌のたるみが出てしまうのでは?きれいに引き締まらないのでは?と、心配される方も少なくはないのではないでしょうか。

重要なのは、「痩せる」その段階から、たるみを作らないダイエット法を実践することなのです。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

きちんとした食事と運動で痩せましょう

10~20代のうちは基礎代謝が高いため、食事の量を減らすだけでも簡単に体重を落とすことは出来ます。

また、もしダイエットで肌にたるみができてしまった場合でも、基礎代謝が高いことで、日々の生活の中で自然と引き締まっていくことも可能です。

しかし、50代では若いころに比べて基礎代謝量が低下しているため、食事制限の他にもきちんと運動をしていなければ、痩せないことはもちろん、健康を害してしまうことさえあります。

脂肪燃焼の効率を上げるには、基礎代謝をあげることが重要です。

きちんとしたバランスの取れた食事と、適度な運動を合わせれば、低下している基礎代謝を補い、脂肪のかたまりであるセルライトや皮のたるみをができてしまうことを防ぐことができます。

たるみを作らない運動と食事のコツ

もともとダイエットは若い人であっても、健康的に長期的な視点で行うべきです。

50代以降の方であれば尚のこと、短期間での大幅な減量は望まず、体内からの改善を一番に、徐々にゆったりと減量を行うことで、セルライトや皮のたるみは防ぐことができます。

運動では、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動を行うほか、スクワットなどの無酸素運動も取り入れると、より効果的でしょう。

特に、お腹はたるみが出やすい部分ですので、ねじったり、ドローイングなどの呼吸法を実践すると、脇腹や腹斜筋を鍛えることで筋力のアップができ、たるみ防止につながります。

また、食事では、筋肉を再生し作り上げるために、肉や魚などのたんぱく質を積極的に摂るようにしましょう。

その際は、なるべく鶏肉のささみや胸肉など低脂質なものを選ぶのがコツとなります。

もし、毎回の食事でたんぱく質を取ることが難しければ、運動の後に、プロテインを飲むことも効果的です。

無理は禁物、焦らずゆっくりと

運動も食事も、どんなに工夫をしても、長続きがしなければダイエットの効果は上がりません。

あえてダイエットの時間を作るよりも、食事改善や散歩、お風呂でのマッサージなど、日々の生活の中に取り入れることで、より長くダイエットを続けることができるでしょう。

それができたときこそ、キレイに引き締まった健康的な体が手に入りますよ。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする