50代からのダイエット、なかなか痩せない原因とその対策は?

50代 ダイエット 知識
加齢とともに人間は、メタボリック症候群や高血圧症など、さまざまな病気が引き起こされやすくなります。

気を付けないと、痩せないと、と思い努力をしている人はたくさんいると思いますが、なかなかうまく痩せない現実に諦めて挫折をしてしまう人が多いのも事実。

若いころに比べて50代となった今は、なぜ痩せにくいのか?

その原因を知り、対策をたてれば、ダイエットは50代でも60代でも無理なく可能なものとなります。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

なかなか痩せない、その原因とは?

まず、第一に、30代と50代で比べると、筋肉量と基礎代謝量が低下していることが挙げられます。

若いころに比べて、同じ動作でも「つらい」と感じる度合いが多くなるように、筋肉量が落ちていると動きも少なくなり、低下している基礎代謝とあいまって、消費カロリーが自ずから少なくなってしまいます。

筋肉はエネルギーを蓄えて使うのに一番のものになりますから、これを鍛えて筋肉量をアップすることが、低下した基礎代謝を補う運動ともなります。

 また、特に女性の場合では、40代後半から50代にかけては更年期でお悩みの方も多いのではないかと思います。

更年期は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって太りやすい状況にあると言えます。

女性ホルモンの低下は、皮下脂肪よりも内臓脂肪が付きやすくなります。

もし、自分のお腹をつまんだときに、皮膚の上からはつまめないのにお腹がぽっこりと出ていてれば、内臓脂肪が増加しているサインとなりますので、注意をすることが必要です。

最近では、内臓脂肪率まで計測できる体重計が出ていますので、、そういうものを利用して、毎日自分の身体と向き合うことが大切でしょう。

痩せない、焦る、そんなときの対策は?

若いころのダイエットとは違い、50代のダイエットは即効性のあるものではありません。

それは、健康的に、体内の改善からしなければならないからです。

また、50代以降の方にとって、過度な運動は身体を痛める原因ともなりますし、それがストレスの原因となることさえあります。

なかなか痩せない…となると誰でも焦ってしまうものですが、長い期間モチベーションを保ち、ダイエットを継続するためには、目標を「体重の減少」にせずに、「体形の維持や健康の増進」を目標とすると良いでしょう。

過度な食事制限はせず、筋肉痛にならない程度の運動を続けることによって、ストレスの溜まりにくいダイエットが可能となります。

量より質!少しずつでも毎日コツコツと

見た目が痩せない、とは思っても、毎日バランスの良い食事と運動を続けていれば、身体の中から確実に健康は生まれています。

「今よりも動きやすい体にしよう」という気持ちだけでも構いません。

日々の積み重ねで行ったダイエットは、必ず将来、あなたの快適で健康的な生活に繋がりますよ。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする