気になるポッコリお腹…、50代のお腹痩せダイエット

50代 ダイエット 知識
昔はどんなに食べてもすっきりした体系をキープできてたのに、今ではすっかりぽっこりお腹…。

そんな悩みを持っている方は少なくはないのではないでしょうか?

年齢を重ねるとともに基礎代謝が下がってくることに伴って、50代は、40代に比べて目に見えて体形の変化が気になってくる年代です。

何もせずに放っておけば、日に日に皮下脂肪、内臓脂肪がついていってしまいます。

そして、一度ついてしまった脂肪を落とすには、基礎代謝が下がっていると、なかなか困難なものです。

健康な体は、快適な生活の基本、第一歩。

太りすぎ、肥満になってしまう前に、日々の心がけからのダイエットでポッコリお腹を解消していきましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

まずは体の内側から!便秘を解消する

特に女性の方だと便秘で苦しんでいる方は多いのではないでしょうか。

体内に取り入れたもので余分なものは毎日きちんと排泄する、溜めこまない、ということがダイエットでは非常に重要です。

胃腸の動きも若いころに比べれば鈍くなってきている50代では、昔と同じ食生活、食べたいものを食べたいだけ食べるような暴飲暴食はもってのほか、食べ過ぎないことです。

また、食物繊維を多めにとる為に、積極的に野菜をたくさん食べることも大切。

ヨーグルトなどの腸の動きを活発にしてくれる乳酸菌をとることも有効でしょう。

さらに、体内の血液循環を良くし、代謝を上げるためにも適度な運動を日々の生活の中に取り入れましょう。

筋肉を鍛えて脂肪を減らそう

50代の筋肉は、30代のものと比べると筋肉の繊維が細くなっています。

そう聞くと、激しいダイエットをしてはかえって体によくないのでは…、と思いがちですが、正しい筋トレを取り入れれば、固くなった筋肉が和らぎ、脂肪の燃焼がスムーズに働くと言えます。

お腹にきく取り入れやすい運動としては、まずはドローイング。

胸を大きく膨らませるイメージで鼻から空気を大きく吸いこんだら、口から息を吐きながらお腹をへこませて30秒キープ。

これを10回繰り返しましょう。

1回たったの30秒ですが、インナーマッスルが鍛えられるだけでなく、有酸素運動にもなるので、ぽっこりお腹には効果的です。

あとは、腹筋や入浴をする際に、お風呂の中で水圧を利用して腰をひねったり、リンパのマッサージをしてあげることで代謝も上がり、より痩せやすい、ダイエットの効果がでやすい体となっていくでしょう。

50代だからこそ美しく!これからの快適ライフのために

最近では「美魔女」という言葉が流行しているように、年々美への意識が高まりを見せ、若々しく見た目を保っている人達が増えています。

50代は、トレーニングをすることがきつくても、まだまだ身体のエネルギーがあり、動きが鈍くなっているわけではありません。

「明日からでいいや」という甘い考えは捨てて、今から、食の改善、適度な運動で、きれいな体の内面と外面を手に入れましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする