50代からメインにすべきダイエット法とは?

50代 ダイエット 知識
周りを見てみると様々な体形の人がいますが、50代以降の人で昔と変わらないスレンダーな体形を維持ししている人はどれだけいるでしょうか?

メタボリック症候群という言葉が近年では40代以降の人を中心に使われていますが、中高年代からの体形維持は代謝が落ちている分、ダイエットは難しく、尚且つ健康に大きくかかわってきます。

50代以降のダイエットは即効性ではなく、健康を維持するためのダイエット法を実践していくべきでしょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

○○だけダイエットはだめ!バランス良く健康的なダイエットを

今まで様々なダイエット法が世間を賑わせてきていますが、よくあるのは、「○○だけ食べれば良い」、「○○だけすればよい」というダイエット法。

エネルギーがみなぎっている10~20代のうちはそれでも良いかもしれませんが、年齢を重ねれば重ねるほど、そのようなダイエットは止めるべきです。

もともと、ダイエットは健康的な若い人でさえ、食事、運動をバランスよく行うダイエット法が一番適しているのです。

特に50代ともなれば、、アンチエイジングにも興味がわくところ。

アンチエイジングとは「健康で若々しくありたいと願い、努力し叶えるもの」です。

これはは、食事、運動、生活習慣、精神面のすべてが揃ってこそ発揮されます。

ですから、ダイエットでも、「食事を制限するだけ」、「走るだけ」ではなくて、食事+運動を併用して行い、尚且つ「良質な睡眠を規則正しくとる」などの生活習慣改善も必要となってきます。

これらが総合して効果が発揮されるときこそ、健康的なダイエット法といえるでしょう。

50代以降のダイエットで効果があるもの

 上述したように、健康的なダイエットを目指すということは、長期的な目線を持つことが非常に大切です。

長期的に無理なく続けられると評価が高いのは、食事制限、ジョギングやウォーキング、筋トレ、夜遅くに食事をしない、ことが挙げられます。

食事制限は、無理に食べる量を減らすのではなく、低糖質や低脂質のものを選んだり、間食や食べ過ぎをやめて、三食バランス良く食べることが大切です。

また、運動では、筋肉痛になるほど激しい運動はしないこと。

毎日適度に続けられる、ストレッチやウォーキングから始めることで、しなやかな体作りをすることができます。

短期間で劇的に目に見える効果は薄いかもしれませんが、毎日きちんと続けることで、しっかり結果はついてくるはずです。

病気になる前に、健康で快適な体と生活を手に入れましょう

 肥満はどんな年代であれ、健康を損なうものではありますが、50代以降の場合は特に、メタボリック症候群や高血圧症、痛風、糖尿病など、様々な危険なリスクを多く伴います。

50代でも60代でも、ダイエットは継続さえできれば可能です。

即効性よりも健康にターゲットを絞ったダイエット法を取り入れ、是非、快適でスマートな生活を送ってください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする