50代の健康食事ダイエット

50代 ダイエット 食事 (3)
昔は50代と言えば「おじさん、おばさん」というイメージが強かったものですが、近年では美しく、ハツラツと年齢を重ねている人が多くなり、実年齢よりも若々しく見える人が増えてきました。

しかし、「昔より痩せにくくなった」とか「頑張ってダイエットしても全く痩せない」という人もいるのでは。

人間の基礎代謝は加齢とともに落ちていきますから、若いころと同じ生活をしていては、痩せるどころか日に日に脂肪がついていってしまいます。

ここでは、健康の基本とも言える食事から、ダイエットについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大

食事はバランス良く!食材を選んで

若いころは深夜にスナック菓子を食べても、好きなものをどれだけ食べても太らなかったのに、今では年々体重が増えていく…。

昔と同じ食事をとっていれば、基礎代謝が下がっている50代では、このようになっても当たり前。

そうとあれば、基礎代謝が下がっている分、摂取するカロリーも控えなければ痩せることは不可能です。

しかし、50代ともなれば、健康面も大きく気になるところ。

ただ闇雲に食べる量を減らす、カロリーの低いものばかりを食べることはおすすめできません。

食材を選ぶときは、「低糖質」、「低脂質」なものを選ぶようにし、一汁三菜を基本に、間食や食べ過ぎないことに注意をして、朝昼晩きちんと食事を取ることが大切です。

また、特に女性にとってはホルモンのバランスもダイエットに大きく関わってきます。

女性ホルモンを整えるために、大豆に多く含まれるイソフラボンや、ビタミンC、ウナギに含まれるビタミンE、マグロやサンマに含まれるビタミンB6を摂取するとよいでしょう。

もしも、間食がしたくなった時は、ビタミンEを多く含むアーモンドなどのナッツ類を食べることをおすすめします。

便秘をしない食生活

前の日に体内に取り入れたもので余分なものは、翌朝にきちんと排泄すること。
これはダイエットにとても大事なことです。

しかし、便秘に悩む人は少なくはなく、特に女性に便秘に悩む人が多い傾向にあります。

便秘をしないためにも、積極的に体内に取り入れたいのは、ヨーグルトやドライフルーツ。

ヨーグルトは冷やして朝食べる方が多いと思いますが、電子レンジで1分加熱するホットヨーグルトを夜に食べることがおすすめです。

そのほうが乳酸菌が人肌くらいの温度で活発になり、寝ている間にも腸でスムーズに働いてくれます。

また、ドライフルーツは果実の水分だけを飛ばして栄養が濃縮されているので、お腹に長くとどまり、空腹を感じにくいだけではなく、便秘解消や美肌に効果があると言われています。

ただし、ドライフルーツの食べ過ぎは、下痢に繋がる恐れもありますので、食べる量には十分に気を付けましょう。

無理なく続けて長期的に効果を狙いましょう

食事によるダイエットは、体質改善になるので、短期の劇的なダイエットには向いてはいません。

しかし、毎日の積み重ねできちんと行えば、確実に効果が表れ、健康的な生活も手に入ります。

50代からのダイエットには、焦りは禁物。

是非、身体の中から変える、健康的で無理なく続けられるダイエットを実践してください。

スポンサーリンク
fifties-dietレクタングル大
fifties-dietレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする